幼児、子どもから社会人、シニアまで。

理念

0071aef1bde5bd0206996a48c8a96e67 1024x269 理念

ほっこり村の理念526284 351298748240810 430118597 n 理念

ほっこり村は、世界で初めてで、世界でイチバンの「ほっこり系」習いごと教室です。

ほっこり村のワークショップでは、知識やスキルが必要なことは、一切やりません

こどもからシニアまで、みんな一緒に楽しむ

その過程を、何よりも大切にしているからです。

では、ほっこり村と他の習いごと教室では、どういうトコロがちがうのでしょうか。

それは、「ハチの巣」構造で表すことができます。

ほかの習いごと教室と違うトコロ

a303fca36b086f90600cb06f928986f6 理念

ほっこり村では、右にある「ハチの巣」を大事にして、村づくりをしています。

ハチの巣を見てみると、これまでの習い事教室とは、正反対のものばかりです。

たとえば、「資格をとるために頑張る」のではなく「楽しみながら学ぶ」とか。

今から、ほっこり村の6つの特長について見ていきましょう。

村の魅力を、ちょっとでもお伝えできれば幸いです。

① 楽しみながら学べる

これまでの習いごとは、「苦労しながら知識やスキルを習得する」ことが常識的なイメージでした。

だけれど、ほっこり村では違います。「楽しみながら学ぶ」なかで、知識やスキルが身についていきます。

② 村的なコミュニティ

なにかを学ぶときには、どうしても孤独に頑張ってしまいがち。

ですが、ほっこり村では「ほっこり」する「村」的コミュニティのなかで、楽しく「なにかを学ぶ」ことができます。

新しい出会いとつながりを体験してみませんか?

③なんだかほっこりする

ほっこり村のワークショップでは、そんなにやる気を出す必要はありません。

村民の皆さんは、「一位を獲りたい」から来村しているわけではなく、趣味で楽しみたいから村に訪れています。

そんなほっこり村だから、温かな雰囲気で、なんだか「ほっこり」するワークショップが可能になるのです。

④ 子どもからおとなまで

従来の習いごと教室では、レベルごとのクラス編成が当たり前です。

でも、ほっこり村はあえてレベル分けをしていません。

子どもからおとな、シニアまで、みんなごちゃまぜになることで、みんなが共に暮らせる地域社会を目指しているからです。

⑤ みんなで作っていく

習いごとでも、学校の授業でも、一方的に先生が生徒に教えます。

ほっこり村では、「ワークショップ」という手法を用いることで、村長と村民が、みんなで村を作っていくプロセス(過程)を、どんなものよりも大切にしています。

⑥ 無理なく続けられる

これまでの習い事教室だったら、資格を取ったら退会しなければならなかったり、毎月続けていくうえでの料金が高かったり、自分らしく続けて通うことができませんでした。

ほっこり村は、「誰でも大歓迎!」な雰囲気づくり、温かな地域のつながり、あんしんの参加料金などの工夫をすることによって、だれでも、いつからでも、いつまででも、無理なく安心して通いつづけることのできる習い事教室を目指しています。

2bd130fc7ff9d1a06ed1ed309f660cd7 1024x269 理念
Copyright © ほっこり村 All Rights Reserved.